年次会議について

日米リーダーシップ・プログラムの中心となるのが年次会議です。日米の若いリーダー達が合流し、喫緊のトピックについて活発に議論を交わし、プログラムならではのユニークな協働の機会を生み出し、生涯に亘る友情の絆を育みます。プログラムは毎年、会議に2年連続してご参加頂くデリゲートの方々を選抜します。

会議は毎年夏季の1週間、奇数年には日本で、偶数年はシアトル市にて開催されます。共に1週間を過ごす中で、デリゲートは、日米、そして世界が直面する課題について、毎日、全体会議で話し合い、さらに、様々な体験的な学びの場を持ちます。

デリゲートは、早朝から夕食に掛けての全ての日程への参加が期待されています。USJLP会議に関する詳細は、参加のガイドラインをご参照ください。
 

 

2018−2019 年会議の参加者

2018年の日本会議に新たに選出される日米のDelegatesは、2018 年7月28日現在で28歳以上42 歳以下の方で、夫々の分野でリーダーシップ、業績、将来性を発揮され、また発揮されるであろう方々であり、社会の広範な分野において活躍される男女が選考の対象となります。

2018年にシアトルでの会議に第一回目として参加し完了された方々は、2019年度の日本会議(現時点では暫定的に2019年7月21日~28日開催を予定)にも引き続き第二回目として参加頂くことを前提としております。真にやむを得ない事情により2019 年の日本会議に第二回目としてご参加が難しくなった場合は、次の日本開催年(2021年)以降への変更につき、定員枠の空き状況に鑑みて考慮される。2018年に新たに選出される方々には2017年度の日本会議に参加したDelegatesが合流します。

一週間の行事には、現時点ではボーイング社工場見学、マリナーズ戦観戦、ユニオン湖のクルーズ、また最後の二日間は Fellowとの再会の場などが計画されています。

USJLP会議への参加に関する情報は、参加のガイドラインをご参照ください。


 

過去の会議について

2017年京都・東京会議

2016年シアトル会議

2015年京都・東京会議

2014年シアトル会議

2013年京都・東京会議

2012年シアトル会議